オフィスデザインは会社を映す鏡

オフィスは社員しか出入りしないからと安易に考えていると、社員以外の人からあまり良くない評価を受けるかもしれません。その会社に合ったオフィスデザインが必要だと言えるのです。

オフィス備品を買うなら?ネットショップと店舗購入の利点

多くの商品から選べる

ネットショップのいいところは、無限に商品があるところでしょう。色違いやちょっとしたサイズ違いなども選べます。日本製だけでなく海外製もあります。

実際に手に取って選べる

オフィスで利用する備品は、利便性だけでなく置いたときの雰囲気も大事です。実店舗なら、色や大きさなどを実際に見て選べます。ぴったりのものが見つかるでしょう。

[PR]オフィスデザインはプロに依頼☆
優良業者をピックアップ☆

[PR]通販で事務机をGET!
販売価格がお手頃☆

[PR]オフィス備品を低価格で揃えよう♪
サービス概要を詳しく解説!

[PR]大阪で居抜きを利用
成約事例を確認しちゃおう

[PR]賃貸法人契約の検索
求めているところがすぐに見つかる

ネットでも店舗でも購入可能なオフィス備品

従業員

事務机のレイアウトを変更するだけでもイメージが変わる

人が増えた時や年度が替わって組織変更があった時など、事務机のレイアウト変更が必要になるかもしれません。少々面倒くさいと感じる方もいると思いますが、それによって仕事のスタイルが変わる可能性があります。昨日と同じ風景ではない、それまでとは違う見え方は新鮮です。フリーアドレス制なら、毎日違う環境で仕事ができるので、効率もアップするようです。フリーアドレス制が難しくても、定期的にレイアウト変更をすれば仕事の能率が上がるかもしれません。

玄関や入り口のデザインにこだわろう

オフィスの玄関や入り口は、社員にとっては毎日利用する部分です。利用しやすければデザインなんて気にしなくていいと感じるかもしれません。しかし、社外の人からすると、初めて訪れる人もいるので、第一印象に大きな影響を与えるようです。斬新なデザインであれば、新しいイメージの会社と見てもらえます。入りやすい工夫がされていれば、オープンなイメージを与えられるでしょう。扉や受付のデザインを少し変更するだけで、雰囲気を大きく変えられるので、試してみて下さい。。

コンセプトをしっかり持っておく

オフィスのデザインを変更する時、まずは利便性を考えます。実際に働く人が移動、作業しやすいかが大事です。また、それ以外に何のために変更をするのかも決めておく必要があります。そのレイアウトにおけるコンセプトです。若い人が多くなってきたのでその人たちに合わせる、女性社員に働きやすい環境を与えるなどです。コンセプトが決まっていると、ただレイアウトを変えるだけでなく、デザインやオフィス備品などの変更も行えるでしょう。

実績の多い業者に依頼しよう

オフィスの変更は一度変えようと思ってもすぐには変えられないこともあるでしょう。実績のある業者なら、目的などに合わせて提案もしてくれます。